すぐにマスター かんたんギター



キー と スケール


サイトマップ

 アドリブを弾くには、ちょっとしたコツ(知識)が必要です。 逆に言えばこのコツを覚えてしまえば、誰でもかんたんにアドリブが弾けてしまいます。 そのコツが「キー」と「スケール」です。 キーとスケールを覚えてしまえば、ほとんどの曲のアドリブを弾くことができます。
 アドリブの話をしていてよく言われるのが、「スケール?」とか「スケールなんて覚えられない!」とか「スケール、わけわからん?」という言葉です。 たしかに楽譜で表すと非常に難しく見えますが、実はとても簡単です。 この際ですのでこのコツを覚えて、アドリブを弾いてしまいましょう。

  ・キーについて              ・スケールについて





キーについて
 アドリブは「スケール」を使用して弾きますが、その際に重要なのが「キー」になります。 よくカラオケなどで、「この曲、ちょっと高いなぁ。キー1つ下げて。」ってときのキーです。

 キーを見つける方法は、その曲の「Aメロの最初のコード = キー」が一般的です。 ほとんどの楽曲の場合、Aメロの最初のコードが「C」ならキーも「C(ド)」、「Am」なら「A(ラ)」になります。

△ Top




スケールについて
 一口に「スケール」と言っても下記に記載したように、多くのスケールがあります。 しかし、ほとんどの曲は「マイナーペンタトニックスケール」と「メジャーペンタトニックスケール」を使用して弾くことができます。 逆に言えば、この2つの「ペンタトニックスケール」を覚えてしまえば、ほとんどの楽曲のアドリブが弾けてしまいます。

 この2つのスケールの使い分けは、曲調によります。 マイナー(短調)の曲は「マイナーペンタトニックスケール」、メジャー(長調)の曲は「メジャーペンタトニックスケール」を使用します。 下表にスケールの種類をまとめました。

マイナー(短調)系 メジャー(長調)系
マイナーペンタトニックスケール
エオリアン(ナチュラルマイナー)スケール
フリジアンスケール
ドリアンスケール
                  など
メジャーペンタトニックスケール
アイオニアン(メジャー)スケール
リディアンスケール
ミクソリディアンスケール
                  など

 スケールでは、そのスケールが持つ音階は重要ですが、なかなか覚えられません。 私の場合は各スケールの音階を覚えられないため、指板上のポジションで覚えています。
 詳しくは「すぐにマスター かんたんギター」の「ペンタトニックスケール」や「スケール辞典」を見てみてください。 アドリブって意外と簡単です。

△ Top






Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.