すぐにマスター かんたんギター



アルペジオ(Arpeggio)奏法


サイトマップ

 ギターの基本的な奏法に「アルペジオ(Arpeggio)奏法」があります。 コードを一気に弾く「ストローク奏法」とは異なり、弦(構成音)を一本ずつ弾いていく奏法で、「分散和音」とも言われています。 ここでは、そのアルペジオ奏法について説明します。 参考にしてください。

  ・アルペジオの弾き方:基本編     ・アルペジオの弾き方:指弾き編
  ・アルペジオのコツ          





アルペジオの弾き方:基本編
 前述したようにアルペジオ奏法は、弦(構成音)をひとつずつ弾きます。 アルペジオの弾き方には、ピックを使って弾く場合と直接指で弾く場合(指弾き)の2通りがありますが、どちらを使うかは演奏者の好みになると思います。

 アルペジオ奏法で大切なことは、「ストローク奏法」にも記載したように、「ルート音(ベース音)」をしっかり弾くことになります。 小節のはじめ(1拍目)やコードが変わった時は、そのコードの「ルート音(ベース音)」から弾き始めると綺麗でしっくりくる演奏ができます。

△ Top




アルペジオの弾き方:指弾き編
 アルペジオ奏法は「弦を一本ずつ弾く」と言いましたが、実は曲に合わせて複数の弦(2〜3本)を同時に弾く場合も多々あります。 同時に複数の弦を弾く場合、ピックよりも指の方が弾きやすいため、私の場合は指を使って弾くことが多くなっています。

 指で弾く場合の弾き方で代表的なものに、「スリーフィンガー」と「フォーフィンガー」があります。 違いは下図に記載したように、どの弦をどの指で弾くかの違いになります。 私の場合、指運びが比較的に楽なので「フォーフィンガー」で弾いていますし、初心者の方にも薦めています。

 スリーフィンガー: 親指、人差し指、中指の3本の指を使った弾き方です。
指と弦の関係は下記になります。
   親指:6〜4弦 / 人差し指:3弦 / 中指:2弦 / 薬指:1弦

 フォーフィンガー: 親指、人差し指、中指、薬指の4本の指を使う、最も基本的な演奏方法です。 指と弦の関係は下記になります。
   親指:6〜3弦 / 人差し指:2弦 / 中指:1弦

 上記で「スリーフィンガー」と「フォーフィンガー」を説明しましたが、この2つの他にも、親指と人差し指の2本の指で「ツーフィンガー」やカントリーミュージックなどでよく使われる「カーターファミリー・ピッキング」などがあります。

△ Top




アルペジオのコツ
 アルペジオ奏法はアルペジオのパターンや音の強弱などで、とても表現力が豊かな奏法です。 このアルペジオ奏法が上達すれば、更にギターを楽しめると思います。 ここでは、そのアルペジオ奏法のコツについて書きます。

  コツ@ ルート音 ここで紹介している「アルペジオ奏法」や「ストローク奏法」に限らず、演奏を行う上で「ルート音(ベース音)」はとても大切です。
基本的に小節の最初の音は、6弦から4弦の間の「ルート音(ベース音)」を弾きましょう。

  コツA 音の長さ: アルペジオ奏法では、音の長さも重要です。 ギターを始めたばかりの時はコードを押さえることが気になり、一つ一つの音が短くなってしますことがあります。 音の長さは、演奏の美しさにつながりますので、注意しましょう。

  コツB 同じ音?: アルペジオ奏法で同じ音(弦)を連続で弾くと、演奏がたどたどしく聞こえる場合があります。 決して「同じ音を連続で弾いてはいけない」というわけではありません。 曲に合わせた演奏の中では、連続音が必要な時もあります。 ギター初心者の方は、アルペジオ奏法に慣れるまでは少し注意してみてください。


△ Top






Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.