すぐにマスター かんたんギター



ストローク(Stroke)奏法


サイトマップ

 ギターの基本的な奏法に「ストローク(Stroke)奏法」があり、下(6弦から1弦)に向かって弾くことを「ダウン・ストローク」、上(1弦から6弦)に向かって弾くことを「アップ・ストローク」と言います。 ここでは、そのストローク奏法について説明します。 ご参考にしてください。

  ・ピックの持ち方      ・ピックの使い方      ・ストロークパターン
  ・不要音のミュート     ・ルート音を意識      ・音質の違い





ピックの持ち方
 ピックの持ち方について説明します。 一般的には親指と人差し指で、力を抜いて軽くつまむようにして持ちます。 ギターの弾き方によって、ピックをどれだけ出すか(右の写真の赤丸の部分)を変えます。 複数の弦を一気に弾く「ストローク奏法」などの場合は、少し多めに出すと弾きやすくなります。 また「アドリブ」などは、ピックの小回りが利くように、あまり多くは出しません。

 と言いながら、ピックの持ち方に「正解」や「絶対」はありません。 人それぞれ、指の形や大きさが異なるのですから、ピックの持ち方も人それぞれです。 上の写真を参考に、皆さんが使い易い持ち方を探してみてください。

△ Top




ピックの使い方
 まずはピックの使い方から説明します。 ストローク奏法を行う場合、弦に対するピックの角度が重要です。 弦に対し直角にピックを当てるとスムーズなストロークができなくなります。 ピックで「弦を撫でる」というイメージでピックを扱うと、うまく弾けると思います。

 ストローク奏法は手首をスナップを効かせるように、手首をいかに柔らかく使えるかが重要となります。 ちょっと大げさですが、肘から下は手首だけが動くイメージです(あくまでもイメージです)。

△ Top




ストロークパターン
 ストローク奏法には、いろいろな基本パターンがあります。 ここでは、そのパターンのいくつかをご紹介しますので、チャレンジしてみてください。 上記で説明した「ピックの持ち方」や「ピックの使い方」に注意して練習しましょう。

  練習する際は、できれば「メトロノーム」を用意して、リズムをしっかりキープしながら行うとベストです。 最近ではスマホのアプリにメトロノームがありますので、試してみてはいかがでしょうか(私も使ってます)。 楽譜の下に記載されている矢印記号に注意して練習しましょう。
   ・:ダウン・ストロークを表します。
   ・:アップ・ストロークを表します。

パターン @
(ジャン ジャン ジャン ジャン)
パターン A
(ジャカ ジャカ ジャカ ジャカ)
パターン B
(ジャン ジャカ ジャカ ジャカ)
パターン C
(ジャン ジャカ ジャン ジャカ)
パターン D
(ジャン ジャカー ジャジャジャ)

 この他にも、いろいろなストロークパターンがあります。 ここでご紹介したストロークパターンを基礎にして、いろいろなストローク奏法に挑戦してみてください。 一番大切なことは、ボーカルが歌いやすく、ノリノリ!で歌えることです。

△ Top




不要音のミュート
 ストローク奏法では、同時に複数の弦を弾きますが、いつも6弦から1弦の6本の弦すべてを弾くわけではありません。 コード表で、よく開放弦のところに「×」が記載されているコードがあります。 これは「この弦の音は出してはいけない」という意味ですから、その弦の音を出してはいけません。
 例えば右図の「D」のコードでは、6弦の音は出してはいけません。 このほかにも「×」が記載されるコードは、いろいろとあります。
 上図の「D」コードを使って、音を出してはいけない理由を確認してみましょう。 「D」コードの場合、6弦に「×」が付いているので、6弦の音を出してはいけません。 「D」コードの構成音は、「レ(D)」、「ファ#(F#)」、「ラ(A)」ですが、「D」の押さえ方を見ると6弦に「D」の構成音以外の「ミ(E)」の音が入っています。 ですから「6弦の音を出してはいけない」となっているのです。

 弾いてはいけない弦がある場合、近くの指でその弦を軽く触り「ミュート状態」にします。 つまり、ピックが当たっても音が出ないようにします。 私の場合、「D」は親指を使って6弦をミュートしています。

△ Top




ルート音を意識
 ギターで伴奏する場合、ストローク奏法に限らず小節のはじめ(1拍目)やコードが変わった時は、そのコードの「ルート音」から弾き始めると綺麗でしっくりくる演奏ができます。 ストロークの場合は、ルート音がある弦を狙って少し強めにストロークします。 例えば「A」であれば「5弦」、「D」であれば「4弦」を意識して弾きましょう。

 たまに「ストロークは必ず6弦から1弦まで」という弾き方の方がいらっしゃいますが、演奏としては少し落ち着かないものになりがちですし、ボーカルの方も少し歌いづらい演奏になってしまいます。 ルート音は非常に大切で、「アルペジオ奏法」も同じです。 下表で、それぞれのコードの「ルート音」と「弦」を確認してください。
コード C D E F G A B
ルート音 ファ
5 4 6・4 6・4 6 5 5

 上表で「E」と「F」のコードは、「6弦」と「4弦」に「ルート音」が存在しています。 どっちを弾けばよいのか… となりますが、私の場合は曲調で使い分けています。 必ずとは言えませんが、力強い曲調の場合は迫力がある「6弦」を、優しさや悲しさを感じる曲では「4弦」を使用しています。

△ Top




音質の違い
 ストローク奏法に限った話ではありませんが、ギターは下図のように弾く位置によって音色が変わります。 ブリッジに近いほど「固い音」になり、サウンドホールの上あたりが、「やわらかい音」になります。
 音質は弾く場所だけではなく、当然のことながら「弦」によっても変わります。 自分の好みや曲調に合わせて、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。
△ Top






Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.