すぐにマスター かんたんギター



弦の張り替え(アコースティックギター)


サイトマップ

 ここではアコースティックギターの「弦の張り替え(交換)」についてご説明します。 最近、「音がぼやけてきたなぁ」とか「弦、汚っ!」と思ったら替え時です。 交換してしまいましょう。 音だけではなく、見た目もきれいになって、ギターを弾くことが一段と楽しくなりますよ。
 ギターを始めた方にとっては弦の交換が最初の難関となりますが、下の手順で交換すれば問題ありません。 がんばって交換してみましょう。

  ・弦の張り替え(交換)手順    ・古い弦を外す        ・新しい弦を貼る
  ・チューニング & 仕上げ





弦の張り替え(交換)手順
 弦の張り替えは、下の手順(@〜B)で行います。 たくさんの工程がありますが、どの作業も簡単ですので安心してください。

   @ 古い弦を外す
      1. 古い弦を緩める。
      2. ブリッジから古い弦を外す。
      3. ペグから古い弦を外す。
      4. ギターを掃除する。
   ↓
   A 新しい弦を張る
      1. 弦のボールエンドを少し曲げる。
      2. 弦をブリッジに固定する。
      3. ペグの穴に弦を通す。
      4. ペグに弦を巻き付ける。
   ↓
   B チューニング & 仕上げ
      1. チューニング
      2. 仕上げ


△ Top




@ 古い弦を外す
 まずは、いま張られている古い弦を、ギターから外しましょう。 その手順は下記の「1」〜「4」の通りです。

1. 弦を緩める
 古い弦を緩めます。 ダルンダルンになるまで緩めた方が交換は簡単になると思います。

2. ブリッジから古い弦を外す
 まずブリッジのピンを抜きます。 右の写真のように専用の工具を使用するか、サウンドホールから手を入れて裏から押し上げると抜けます。

3. ペグから古い弦を外す
 あとは、弦をペグから巻き取るだけです。 普通に手で巻き取ってしまっても、問題はありません。 ただし弦の先端は鋭いので、ケガには十分注意してください。

4. ギターを掃除をする
 弦の下の部分やネック(指板)は埃が溜まったりして、汚れがちです。 弦を交換するついでに「ギタークロス」などで掃除をして、気持ちよくギターを弾けるようにしましょう。 ワックスなどをかけると、さらに Good!ですね。

△ Top




A 新しい弦を貼る
 さあ、新しい弦を貼りましょう。 弦の張り替えは不安だという方、安心してください。 ウソではなく本当に簡単です。 下記の手順(1〜4)に沿って、新しい弦を張ってみましょう。

1. 弦のボールエンドを少し曲げる
 弦の後ろについている輪を「ボールエンド」と言います。 アコースティックギターの弦はこのボールエンドがブリッジの裏面に引っかかることにより固定されます。 次の「2.弦をブリッジに固定する」で、弦が危険な状態になることを防ぐためです。
2. 弦をブリッジに固定する
 弦のボールエンドをブリッジの穴に入れ、ブリッジピンを溝を前にして半分ほど差し込みます。 次に弦を上に引っ張り、ボールエンドをブリッジの裏面に引っ掛けます。

 下図の「危険な状態」になった場合、弦の張力でボールエンドに引っかかったブリッジピンが抜け、飛んでしまうことがあります。 前記の「1.弦のボールエンドを少し曲げる」で説明したボールエンドを少し曲げる理由は、この状態をなることを避けるためです。 実は私、昔に一度コレが原因でピンを飛ばし、飛び上がるほどビックリしたことがあります。


3. ペグの穴に弦を通す
 弦をペグの穴に通し、弦を手で伸ばします。 次に弦を伸ばした状態で、1フレット分(約2〜3cm)ほどブリッジ側にずらし、弦をたるませます。 このたるんだ部分が、ペグに巻きしろになります。

4. ペグに弦を巻き付ける
 あとはペグを回して、弦を巻き付けるだけです。 右図(絵が下手 …)のように、弦がペグの内側に巻き付くように巻き付けます。 巻き付ける回数は2〜3週で、ペグの上から下に向かって巻き付けます。

 弦をブリッジ側に少し引っ張りながら巻くと、巻きやすく綺麗に巻けると思います。 また、弦を張る順番は、「6弦 → 5弦 → 4弦」、「1弦 → 2弦 → 3弦」の順番で巻くと、先に張った弦が邪魔にならないので巻きやすいと思います。





※ ちなみに…
 私は主に、D'Addario(ダダリオ)- 80/20 BRONZE の ライトゲージ(Light Gauge)または カスタムライトゲージ(Custom Light Guage)を使用しています。


△ Top




B チューニング & 仕上げ
 新しい弦を貼り終ったら、後は仕上げです。 仕上げと言っても簡単な作業です。 下記の2つの手順を行ってください。

1. チューニング
 すべての弦を張り終わったら、一度「チューニング」します。 チューニングの方法は、このサイトの「チューニング」でご説明していますので参照してください。

 新しい弦は、チューニングしてもすぐに伸びて音がズレてしまい、なかなか音程が安定しません。 私の場合は、1度チューニングしたら、右の写真のように弦を上に引っ張って弦を伸ばし、再度チューニングします。 この作業を2〜3回繰り返すと、早く弦(音程)が安定すると思います。 あまり強く引っ張ると弦が切れてしまいますので、ご注意ください。


2. 仕上げ
 チューニングが終わったら、余った弦をニッパーなどで切ります。 弦の先端は鋭いので、余った弦を残しておくと、ケガの原因にもなります。 私も何度か弦が指に刺さっていますが、非常に痛いです。

 6本すべて切り終えたら、弦の張り替え(交換)は終了です。 音が良くなったうえに、ギターまで綺麗になりました。 さあ、楽しんでギターを練習しましょう!


△ Top






Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.