すぐにマスター かんたんギター



チューニング


サイトマップ

 「ギターを始める方に」でも記載したように、ギターのチューニングは部屋の温度などで簡単にズレてしまいます。 したがって、ギターを弾く前には、必ずチューニングをしましょう。 ここでは、そのチューニングについて説明します。

  ・チューニング         ・チューニング方法        ・変則チューニング
  ・12弦ギターのチューニング  ・ナッシュビル・チューニング



チューニング
 ギターの6本の弦は、何も押さえない解放状態で下図のように、それぞれ細い方から
1弦:E(ミ)/ 2弦:B(シ)/ 3弦:G(ソ)/ 4弦:D(レ)/ 5弦:A(ラ)/ 6弦:E(ミ)
となっています。 それぞれの弦をこの音階に合わせることを、「チューニング」といいます。



 上記で説明したチューニングを「レギュラー・チューニング」といいます。 一般的に使用されているチューニングで、ほとんどの演奏がこのチューニングで演奏されています。 このレギュラー・チューニングの他にもいろいろなチューニングがあります。 このレギュラー・チューニング以外のチューニングを「変則チューニング」といいます。 変則チューニングについては、このページの一番下で説明します。

△ Top




チューニング方法
 チューニングには、クリップ式の「チューナー(チューニングメーター)」の使用をお勧めします。 クリップの部分をギターのヘッドに挟むだけでチューニングを行うことができます。 各メーカがいろいろなチューナーを販売していますが、私は少し古い機種になるのですが慣れているので、長い間「KORG社」の「AW-2」というチューナーを使用しています。

 昔は「音叉」で5弦:A(ラ)の音を合わせてから、耳で聞いて5弦以外の音を合わせていました。 下図でオレンジ色の線で結ばれた音は、同じになります。 ですから、6弦の5フレット(ラ)と5弦の開放弦(ラ)が同じになるように調整します。 これと同じように他の弦もチューニングしていきます。 チューニングメーターの誕生で、とても便利になりました。


△ Top




変則チューニング(オープンチューニング)
 上記で説明した基本的なレギュラーチューニングの他にも、いろいろなチューニングがあります。 そのレギュラーチューニング以外のチューニングを「変則チューニング」と言います。 ここではその変則チューニングの中でも、カントリーなどのスライドギターを弾く際に使われる「オープンチューニング」をご紹介します。  オープンチューニングとは、何も押さえなくてもジャラーンと弾いた音がコード(和音)になっているチューニング方法です。 例えば「オープンD」というチューニングをすれば、何も押さえない開放弦が「D」のコードの構成音になっています。

6弦 5弦 4弦 3弦 2弦 1弦
レギュラー E A D G B E
オープンD D A D F# A D
オープンDm D A D F A D
オープンG D G D G B D
オープンGm D G D G A# D
オープンE E B E G# B E
オープンEm E B E G B E
オープンA E A E A C# E
オープンAm E A E A C E
DADGAD D A D G A D
DADEAD D A D E A D

 この他にも「オープンGm」、「オープンAm」、「DADGAD(ダドガド)」など、多くの変則チューニングがあります。 共通して言えることは、変則チューニングではレギュラーチューニングから弦を緩めたり引っ張ったりするので、弦が切れる可能性が高くなるということです。 変則チューニングをする場合は、注意が必要かもしれません。

△ Top




12弦ギターのチューニング
 主弦と副弦(共鳴弦)を2本一組で弾く「12弦ギター」のチューニングです。 チューニング方法は上記で説明したように「チューナー(チューニングメーター)」を使用して行いますが、音階は下表の様に6弦〜3弦はオクターブ、2弦と1弦はユニゾンになっています。
6弦 5弦 4弦 3弦 2弦 1弦
主弦 E2 A2 D3 G3 B3 E4
副弦 E3 A3 D4 G4 B3 E4


△ Top




ナッシュビル・チューニング(Nashville Tuning)
 12弦ギターの副弦(共鳴弦)を、普通の6弦ギターに使用して演奏する方法を「ナッシュビル・チューニング」といいます。 弦の低音と高音の関係が逆転することで、独特の音階の演奏が可能となります。 石川鷹彦さんが弾いた「かぐや姫」の「22才の別れ」は、このナッシュビル・チューニングが用いられました。

 ナッシュビル・チューニングを行う場合は、D'addalio などから副弦だけのセットが販売されていますので、これを使用すると良いと思います。 価格は普通の弦と、ほとんど変わりません。
右の写真は、D'Addario の EJ38H Phosphor Bronze High Strung/Nashville Tuning です。


△ Top










Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.