すぐにマスター かんたんギター



ギター & アイテム


サイトマップ

 これから「ギターを始めるぞ!」という方、何かアイテムの購入を検討されている方の参考になればと作成したページです。 新しいアイテムを発見したら、どんどん追加しようと思っています。

ギター アンプ
チューナー ピック カポタスト ストラップ
ギタースタンド 譜面台 ギターケース メトロノーム
ギタークロス





ギター(Guitar)
 ご存じのように、「ギター」には大きく分けて「アコースティックギター」と「エレクトリックギター」の二種類があります。 それぞれ、「アコギ」や「エレキ」と略して呼ばれています。

 アコースティックギターは基本的には生の音を楽しむギターですが、「ピックアップ(マイク)」、「チューナー」、「イコライザー」などを内蔵した「エレクトリック アコースティックギター(エレアコ)」もあります。 この「エレアコ」は、ギターに直接シールドを接続できる構造になっているので、ライブやバンド練習などで大活躍するギターです。

 材質や形で音色が異なることから、いろいろな形のアコギ(下の写真)が製造・販売されています。 有名なメーカーとしては、海外では「Martin」、「Gibson」、「GUILD」など、また国内メーカーでは「Morris(モリダイラ楽器)」、「Takamine」や「YAMAHA」などが有名です。
 エレキギターもピックアップの種類(「シングルコイル」や「ハムバッキング」など)や数が異なるなど、いろいろなタイプのものがあります。
ギター

 ギターにはいろいろな種類があり、ギターを演奏される方は演奏する曲、パート、ジャンルなどでギターを使い分けています。 いまギターを始める方は、最初の一本は自分が好きな楽曲、ジャンル、好きなギターリストが使用しているギターなどを参考に選ぶことをお勧めします。

 ギターを購入する際は、専門家(お店の店員さんなど)に相談すると良いと思います。 当たり前のことですが、ギターはメーカーや機種によって音色が違います。 ボディの大きさや厚さ、ネックの形も違います。 実際に弾いてみて、自分の好みに合ったギターを選びましょう。


△ Top




アンプ
 ご存じのように、エレキギターなどを接続して音を増幅させるアイテムですね。 いろいろなメーカーから販売されていますが、それぞれに音の個性があり、購入時は悩みます。 有名なアンプメーカーには、「Marshall(マーシャル)」、「VOX(ヴォックス)」、「Fender(フェンダー)」などがありますが、各社いろいろなタイプのアンプを販売しています。

 家庭で弾く場合は20Wもあれば十分ですので、「小型アンプ」と言われるものを選ぶと良いでしょう。


△ Top




チューナー(Tuner)
 名前の通り、ギターの音を「チューニング(調整)」するためのアイテムです。 ギターは部屋の温度などによって、簡単に音がズレてしまいます。 ギターを弾く前には、必ずチューニングしてから弾きましょう。

 チューナーには、いろいろなタイプのものがありますが、現在の主流となったギターのヘッドに挟んで使用する「クリップタイプ」のものが簡単で便利だと思います。 私も少し古い機種なのですが、使い慣れたクリップタイプのチューナー(右の写真:KORG社 AW-2)を使用しています。

 エレクトリック・アコースティックギター(エレアコ)では、下の写真のようなチューナーが内蔵されているギターもあります。 この写真は私がライブでよく使用する「Takamine」のギターなのですが、とても便利に使用しています。


 スマホのアプリにもチューナーがあり、私も時々そのアプリを使用しています。 夜中にチューナーの電池が切れてしまった時に見つけたアプリなのですが、「メトロノーム」の機能も持っていて便利に使用しています。


△ Top




ピック(Pick)
 これもみなさんご存じですね。 ギターを弾く際に、爪の代わりをしてくれるものです。 ピックにも「形」、「素材」、「固さ」など、いろいろな種類があります。 1枚100円程度のアイテムなので、実際にいろいろなピックを使ってみて、自分に合ったものを選びましょう。 代表的なピックの形状を下の写真で紹介します。

  

 ・トライアングル型:最も一般的な形です。 3つの頂点のすべてを使えるので便利です。
           一般的に「ストローク奏法」に向いている言われています。
 ・ティアドロップ型:弦にひっかかる感じが少なく、スムーズなピッキングが可能です。
           一般的に「アドリブ」を弾く場合に適していると言われています。
 ・サムピック型  :親指にはめて使用するピックです。
           フィンガーピッキングをする際、強いベース音を得られます。


 因みに私は、少し硬めの「トライアングル型」を使用しています。 所属しているバンドではアドリブを弾くことが多いのですが、アドリブは少し硬めの方が弾きやすいのです。 と言いつつ、私はピックが苦手で、特にアコギで伴奏する時は、ほとんど「指(爪)」で弾いています。 私の演奏スタイルは、「アドリブ以外はピックを口に咥える」です。

△ Top




カポタスト(Capotast)
 一般的に「カポ」と呼ばれています。 弾き語りした時に「この曲、少し低いなぁ…」という場合にカポタストを使い、自分のキーに合わせて弾くことができます(移調)。 また、カポタストを使用することで、難しいコードを簡単にすることができます。 例えば強敵の「F」も、カポタストを1フレットに入れると簡単な「E」で弾くことができます。 ギターリストにとっては、超便利ツールの一つです。

 移調や転調については、この「すぐにマスター かんたんギター」の「移調・転調のコード変換」に記載しています。 ご参考にしてください。

△ Top




ストラップ(Strap)
 立ってギターを弾くときに、肩にかけてる「アレ」です。 これも「材質」、「デザイン」、「太さ」など、いろいろな種類があるので、自分に合ったストラップを選びましょう。 エレキギターはアコースティックギターに比べて重いので、細いトラップを使用すると肩が痛くなったりします。 私はデザインよりも「太さ」を重視して選んでいます。

△ Top




ギタースタンド(Guitar Stand)
 文字通り、ギターを立てかけるスタンドです。 ギターの練習中に、「のどかわいたぁ。お茶を…。」とか「ちょっとトイレ…」って時に便利で、練習時は必ず使用しています。

 一般的にスチール製(写真 左)が多く使われていますが、私はデザインが好きだったので木製のギタースタンド(写真 右)を使用しています(少し高かった …)。


△ Top




譜面台(Music Stand)
 楽譜を覚えるのが非常に苦手な私にとっては、ライブ時の必須アイテムです。 とても便利ですので、自宅での練習でもよく使用しています。 小さく折りたためるので、保管場所の心配もありません。

 ライブの時は譜面台とセットで、ページがめくれないように「洗濯ばさみ」、照明が落ちて暗くなった時のために電池式の小さな「クリップライト」を用意していきます。

△ Top




ギターケース(Guitar Case)
 ギターの保管や、ライブ会場や練習スタジオまでの移動運搬に使用しますね。 ギターケースには、ハードケースとソフトケースの2種類があります。

 私はギターをハードケースに入れて保管し、外へ持ち出すときはソフトケースに入れ替えて運んでいます。 ソフトケースはハードケースに比べて軽く、リュックサックのように背中に担ぐことができるため、ギターの運搬には最適です。

△ Top




メトロノーム(Metronome)
 みなさんご存じの「カチッ!カチッ!」と一定のリズムを刻んでくれるアイテムです。 学校の音楽室にも置いてありましたね。 演奏において「リズム」は非常に重要ですので、ギターだけではなく楽器を練習する際は、とてもよく使われています。 私もギターを練習する際は、たまに使っています。

 右の写真のような形が一般的で私も持っていますが、最近ではスマホにもメトロノームのアプリがあります。 最近の私は、手軽なスマホのアプリを利用しています。

△ Top




ギタークロス(Guitar Cloth)
 ギターを磨くためのクロスで、「ギタークロス」や「クリーニングクロス」の名前で販売されています。 多くのメーカーから色々なクロスが販売されていますので、お好みのクロスを探してみてはいかがでしょうか。 ちなみに私はいろいろなクロスを使った中で、MORRIS(モリダイラ楽器)社製のクロスをお気に入りにしています。

△ Top










Copyright 2020 かんたんギター All Right Reserved.